歯科口腔外科

  • HOME > 
  • 歯科口腔外科

執筆者:院長 歯科医師 加藤 高英

親知らずのトラブルに対処する
~歯科口腔外科~

お口のトラブルは虫歯や歯周病だけではありません。お口まわりのケガや親知らずなど、さまざまなお悩みに対応するのが歯科口腔外科です。こちらでは、板野郡上板町の歯医者「天山歯科医院」が歯科口腔外科についてご説明します。

奥歯がズキズキ痛むのは虫歯ではなく親知らずのせいかもしれません。正しく生えてこない親知らずのために、まわりの歯が虫歯になってしまうことも。痛みや違和感があれば、お早めに当院へご相談ください。

歯科口腔外科とは

口腔外科とは

歯科口腔外科とは、おもにお口の中の外科的処置を行う診療科で、歯のまわりのすべてを診ています。親知らずの抜歯をはじめ、埋伏歯の抜歯、お口のケガによる歯の破折の処置、口腔ガンなど外科的な処置のほか、口内炎や口臭症など内科的疾患への対応も含まれます。

あごや顎関節、頬、唇など、顔面のトラブルにも対処が可能です。すなわち歯科口腔外科は歯科と医科との中間に位置しているといえるかもしれません。治療の内容によっては、医科との連携が必要になることもあります。

豊富な実績や経験で幅広い対応が可能で

当院の歯科口腔外科では、全身疾患をお持ちの患者さんの治療も行っています。たとえば糖尿病の方や骨粗しょう症の方など、全身に関わる病気をお持ちの方は、治療内容やお薬などを歯科医師までお伝えください。患者さんに合った治療計画の立案を行っています。

当院院長は歯科口腔外科分野での経験や実績が豊富で、症例も多数重ねてまいりました。これまで、寝たきりの患者さんや車いすの患者さん、骨折で動けない患者さんなど、他のクリニックでは診察が難しい患者さんにも対応した経験がございます。

症例としては、過去に口腔がんや舌癌の治療を行っていた実績もあります。徳島地域のかかりつけ医として患者さんの全身管理を行った上で幅広い対応が可能ですので、安心してご相談ください。

医療連携も行えます

当院は、院長が日本有病者歯科医療学会・認定医を取得しており、医療連携を行っております。ちなみに、有病歯科医療学会認定医は県内でも2名しかおりません。

院長は患者さんのため知識や技術の研鑽に努め、各学会の指導医や認定医も数多く取得しております。また、すべてクリニック内で診るのではなく、症状によっては大学の付属病院や地域の総合病院など、総合的な施設との連携もはかっています。

地域医療への貢献のため全力を尽くしておりますので、お困りごとがあればどんなことでもお気軽にご相談ください。

親知らずについて

親知らずについて

親知らずは奥歯の奥、永久歯の中でも最後に生えてくる歯で、正式な名前を「第三大臼歯」といいます。一般的には10代前半~20代前半までに生えてきますが、1本も生えてこなかったり、一部だけ生えてきたりなど、人それぞれです。

親知らずが4本とも完全な形で生えそろう方はめったにいらっしゃいません。半分だけ生えてきたり、歯ぐきの中に埋まっていたり、生えるスペースが足りずに斜めになったり、前に生えている奥歯を押したりすることも。

「奥歯の向こうに違和感がある」「奥歯のあたりが痛む」といった症状は、親知らずのせいかもしれません。場合によっては抜歯が必要になるケースもありますので、気になる症状があれば早めにご相談ください。

親知らずが引き起こすトラブル

お口の一番奥に生えてくる親知らずは、一般的にトラブルの起こりやすい歯とされています。まっすぐ正常に生えてくれば問題ないのですが、完全な形できれいに生えそろうことがほとんどないため、次のようなトラブルを引き起こすリスクをかかえています。

親知らず自体が虫歯にかかりやすい 一番奥に生えているためにブラッシングの際にも歯ブラシの毛先が届きにくく、汚れが溜まって虫歯になりやすくなります。このため虫歯にかかるリスクが高いのです。
親知らずの手前の歯が虫歯にかかりやすい 親知らずが手前の歯にぶつかるように生えてくると、親知らずとその手前の歯との間にすき間ができてしまいます。すき間に溜まった汚れを除去することは簡単ではなく、手前の歯も虫歯になってしまうのです。
歯ぐきが腫れたり痛んだりする 親知らずが歯ぐきに覆われていることがあり、歯ぐきと親知らずとの間に汚れが溜まって、歯ぐきが腫れたり痛んだりすることがあります。
歯並びが悪くなる 横向きに傾いている親知らずが手前の歯を押すことによって、前の歯を動かし、歯並びの乱れを引き起こすことがあります。
口臭を引き起こす 親知らずのまわりは汚れが溜まりやすいため、口臭の原因になることがあります。
あごが痛くなる 親知らずの以上の生え方によって噛み合わせが乱れて、あごの関節に負担がかかり、あごが痛くなることがあります。
頭痛の原因になる 親知らずが原因となって起こる顎関節症によって、頭痛や難聴、手足のしびれなど、からだ全体に影響を与えることがあります。

親知らず抜歯後の注意点

当日は安静にして過ごす

親知らずを抜いた当日は安静にして過ごしましょう。いったん血が止まっても、血流を活発にさせるような行為によって、再び出血するかもしれません。シャワー程度ならかまいませんが長時間の入浴は避けましょう。飲酒や運動もできるだけ避けてください。

出血を止めるために

抜歯直後はガーゼを20分以上しっかり噛んで止血してください。その後も出血が続くようなら、新しいガーゼに取り替えて30分~1時間程度噛むようにしましょう。出血は翌朝くらいまで続くことがあります。長時間にわたって出血が止まらない場合は、一度電話でご相談ください。

抜いた部分を触らない

抜歯した箇所はどうしても気になるものですが、極力、指や舌で触らないようにしましょう。抜歯後は腫れることもありますが、心配する必要はありません。濡れタオルなどをつかって軽く冷やしてもよいでしょう。

極力うがいをしない

抜歯した箇所から出血することがありますが、血のかたまりは歯周組織の再生を助けています。強いうがいを極力避けて、血のかたまりを洗い流さないようにしましょう。

食事

抜歯後3~4時間すれば食事をとることができます。硬い食べ物は避けて、おかゆや麺類、豆腐、スープ、汁物、ゼリーなど半固形の食品をとるようにしましょう。傷が治ってくれば、ご自身の判断で徐々に通常の食べ物を食べてください。

ブラッシング

抜歯当日はブラッシングを避けて、軽くうがいするだけにしましょう。翌日からはブラッシングを行ってかまいませんが、抜歯した箇所は避けてください。1週間ほどして傷が治ってから通常のブラッシングを行うようにしましょう。